自分で壁掛け設置作業

自分で壁掛けをやってみよう!

<金具を取り付ける前の注意点>

※純正金具でない場合

純正でない金具の場合、テレビ側に付けるネジがぴったりサイズではないことがあります。
ぴったりサイズの方が強度が増しますので、まずは自分のテレビのネジ穴のサイズを調べましょう。

調べ方
・純正金具の型番を調べて、入っているネジのサイズを確認する。
・メーカーに問い合わせて聞いてみる。
・購入した金具の付属ネジを色々はめてみて、ネジの太さを確認する。
ネジ穴に棒(爪楊枝など?)を指して、深さを確かめて長さを確認する。

一般的にはM6(太さ6mm)が多く使われています。
長さ(ネジの深さ)は10mm~30mmといろいろあります。

購入した金具の付属ネジの長さを確認しましょう。
ネジは「M6x12mm」などの種類があります。
M6=直径6mm
12mm=長さ12mm

スペーサーを使用する場合
スペーサーはネジに通して、テレビと金具の間に隙間を作る筒状のものです。
テレビにでっぱりがある時や、配線が干渉する時などに使います。
スペーサーを使用する場合は、「ネジの深さ」+「スペーサーの長さ」が
必要になりますので、ネジを購入する場合には注意が必要です。

例えば「スペーサー2cm」「ネジ穴の深さ1.5cm」だったばあいは
金具の厚み1mm~2mmを考慮して、合計3.6cmの長さのネジが必要になります。
☆テレビを取り付けます

1.テレビの図面と、壁掛け金具の図面を見て、実際に設置する高さを決めます。
テレビは真正面からが一番キレイに見えますので、目線と同じ高さになるように決めましょう。

2.TVを設置したい壁の下地がどうなっているか調べます。
柱の位置などを養生テープ等でマーキングしておくと良いと思います。

3.金具は、取扱説明書通りに取り付けましょう。
<実際に金具を取り付ける際の注意点>

壁へのネジ止めは人間の力で止めるのは辛いので
インパクトドライバー等の電動工具があると便利です。

電動工具が無い場合には下穴をしっかり開けて取付を行いましょう。

テレビ側にはぴったりサイズのネジで止めましょう。

金具が配線に干渉しないように取り付けられるのが良いですが、
どうしても当たってしまう場合にはスペーサーを使用して取り付けましょう。

壁側を取り付ける前に、必ず、テレビ側のどの位置に取りつくか確認しましょう。
(ブラケットの位置の高さによっては、壁側の位置が上下します)

テレビと壁面プレートをドッキングさせる前に配線をすべて終わらせましょう。